海で遊ぼう!

新型コロナ流行下のダイビング活動について

2020年5月25日に発表された「緊急事態宣言の解除」を受けて同26日より
当ダイビングクラブにおいても活動を再開することにいたしました。

ただし、最新の新型コロナ関連情報をもとに、お客様やスタッフ、また関係する周囲の人たちの安全を担保する上で、安全に対する根拠のないツアー計画を立てたりすることは決していたしません。
なぜなら、このウイルスは肺に損傷を与える可能性があり、重症化するしないにかかわらず、将来もダイビングを続けたいと思っている我々に致命的な障害をもたらすかもしれないからです。
ダイビングを愛する者として、ダイバー生命をかけて感染するかしないかのギャンブルをすることは出来ません。

ダイビングツアーに関して行うこと。

・現地集合、現地解散。

・スタッフ、お客様の体調管理の徹底。(ツアー中止も視野に)

・現地の感染状況の確認と現地サービスの感染防止策の確認。

・レンタル機材の消毒の徹底。

・エア切れの対応としてはカウリー製「ダイバーリンカ」を事前に貸し出すことによりバディ同士のエアーのやりとりを確保します。

・ブリーフィングは距離をとって行い、ログ付けは致しません。

その他の業務について。(こちらが本業ですが)

機材のオーバーホールやタンクの耐圧検査、オーダーウェットスーツや機材の販売等は受け付けておりますが、極力電話やメールでご依頼賜り、運送便の利用によって対面販売を避けるようお願いいたします。
なお、オーバーホールは全てアルコール消毒してからご返却いたしますのでご安心ください。

私共では自分達の感染予防はもちろんですが、人に移さないよう、早期の感染拡大の収束を願い最大限の努力をしようと努めますので何卒ご理解賜りますよう、お願いいたします。

cowryロゴ